ブログ

決める

decide

人生で最も無駄な質問

「私に○○はできるでしょうか?」そんなご相談を山ほどいただきます。
この場合の「○○」には、「マイホーム取得」とか「もう一人出産」とか「独立起業」とか・・・
いわゆるライフプラン上の夢や願いが入ります。

今のご時世、何をやるにもそれなりに金銭的負担が生じるもの。
何らかのアクションを起こすことで、家計の収支バランスが変化することを不安に思うのは
当然のことだと思います。
そして、そんな不安は十分にわかった上で、あえてお伝えしたいのは、
  人生において「できるかどうか?」ほど無駄な問いはない
ということです。

なんとなれば・・・
逆に、お尋ねしてもいいですか?
「できますか?」と聞かれた私は、一体何と答えればいい?
「あなたは大丈夫!」とか「あなたには無理!」ってジャッジしたらいい?
それ、何か役に立つ? 何の意味があるの?

 

質問を変えてみませんか?

確かに…。それっぽいことを言ってる家計のアドバイザーとやらも世の中にはいらっしゃるようではあります。
そうなんですけれども、少なくとも私は、そうやって他人様の人生を決め付けられるほどお偉い人間ではございません。

間違いないことは、「○○はできるでしょうか?」の前提には、必ず「○○したい!」って気持ちがあるってこと。
そりゃそーだ。無ければわざわざ尋ねたりなんてしないでしょう。
だから、そんなあなたにご提案。
その質問、「どうすれば〇〇できる?」に変えてみませんか?

あなたの「○○したい」を実現するために、何をどのように計画し、実行するか?
…というお話でしたら、喜んで全力でサポートいたします。

最後に・・・
  『あなたが「できる」と考えようと「できない」と考えようとどちらも正しい』
ヘンリー・フォード氏(フォード社創業者)の名言です。

個別相談も承ってます 電話でのお問い合わせ TEL:096-221-6708